【レポート】第2期大阪校「ベーシックコース」1日目

ニュース

2019年9月17日(火)第一期【大阪校】けんちくけんせつ女学校(通称:けんけん女学校)「ベーシックコース」の1日目の講義が開催されました。

大阪・兵庫・愛媛・愛知・三重から20代~40代の女性たちが会社からの期待を受け、または自らの目標達成のために集いました。当スクールを通じて、心・技・体を鍛えることで建設産業で働き続ける キャリアを描くことができます。

女性社員の成長を願い送り出してくださった企業様一覧はこちらから>>

冒頭、国土交通省近畿地方整備局 建政部 建設産業第一課長高城辰哉氏にご挨拶いただきました。「国土交通省では、建設産業の長時間労働是正や生産性の向上など業界の皆様にご協力頂きながら、働き方改革に向けた施策を展開しています。このような働きかけから、若手や女性など意欲のある方に活躍してもらうことを目指しています。当スクールに参加することで、建設産業で働く皆様が益々、活躍するためのヒントを持ち帰って頂ければ幸いです。」と激励いただきスタートいしました。

※国土交通省建設リカレント教育等支援事業モデル事例一覧>>
※けんちくけんせつ女学校の紹介

第一講目は「建設産業を一生の仕事にするために必要なこと」として、籠田校長からのお話は、近年、ICT活用が進み、遠隔で操作やマネジメントができるようになり、力のない女性でも活躍できるようになったが、「現場のことがわかる」「現場の指示が出せる」ことは最低条件だとお話がスタートしました。また、これまでの先頭を切って走り、叱咤激励するリーダーシップではなく、女性的なリーダーシップの必要性を教わりました。

第二講目は、権堂コーディネーターによる「1on1実践アクティブリスニング」の講義です。まず、「自分を知る」ことが大切だと。自分がどういうタイプなのかを知らないと、他の人の言動に左右されてしまうと。エゴグラムを使って自分のタイプを知った上で、カウンセリング、コーチング、コンサルティングの違いを学びました。そうして、人のことを理解するためのトレーニングを行いました。

みんなで昼食をとりました。最初は緊張した面持ちだった皆さんも、ワークショップでお話をすると、一気に場が和みいい雰囲気になりました。

午後の第三講目は、「健康バランスを整える」の1回目です。籠田校長と神藤コーディネーターの映像講義でした。籠田校長から、研究結果から自分の体のこと(女性ホルモン等)を認識していることが、「仕事の効率が上がった」や「仕事に対する気力が高まった」「仕事を続けていく自信がついた」「仕事を休む人が減少した」とう割外が、日本とアメリカでは倍ほど違うとお話がありました。この点から見ても、女性の活躍推進が進まない背景があるのではないか?と。「女性ホルモンのことを知る」必要性を学んだあと、映像講義を受けました。

次は「自身の特性(短所・長所)を知る」ワークを権堂コーディネーターのファシリテーションで行いました。キャリア(経験)とは「1人で事がで成せる状態」のことをいうと学びました。また、エゴグラムを使って自分を分析し、苦手なところ、得意なところを見つけるワークを行いました。自分を知る事で、「助けて」って言えるようになります!と。「できていること」「これから自分が向かうこと」を整理する意味でも「自分を知ること」が大切だと学びました。

 

最後は、各自が課題作成を行うと共に、権堂コーディネーター、淀川コーディネーター、タナベ経営の森コーディネーター、宮崎コーディネーターによる個人面談が行われました。そこでは、受講時に提出された自己申告書を元にヒアリングが行われました。各自の現状に合わせたフォローをさせていただくための大切な時間です。

 

各自が課題作成に挑んでいる会場では、各自に配られた籠田校長執筆の「つちのこもりた」を真剣に読む姿が印象的でした。今回の大阪は20代の女性が多く、籠田校長が経験した時代から、少しは改善されているはずですが、男性社会ともいえる建築現場の実情が面白おかしく書かれた本の感想も宿題となっており、その感想が楽しみです。

今回の第2期は大阪初開催となります。1社から4名、5名が派遣されていることが特徴です。それを見た籠田校長が「今回も責任重大やね。そして、この女性たちがリーダーになってくれる頃、業界がどこまで変わっているか?私たち世代がどこまで変えられているか?で、その後が変わるね。頑張らないと」と、コーディネーター陣と話していました。

次回は、10月18日(金)です。今回学んだことを活かし、各自会社に帰り、上司に報告し、課題に取り組み、ワンステップ上がった受講生の皆さんにお会いするのが楽しみです。

女性社員の成長を願い送り出してくださった企業様一覧(順不同)

株式会社アイエコアップ(愛知県)
株式会社北村工務店(兵庫県)
株式会社協和コーポレーション(愛知県)
株式会社サンレール関西営業所(大阪府)
三和建設株式会社(大阪府)
白石建設工業株式会社(愛媛県)
有限会社杢承(三重県)